就職活動に役立つSPI非言語分野テスト対策サイト

推論 平均 ①例題

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

例題

P、Q、R3つの都市の人口密度は下の表の通りである。また、PとQの人口は等しく、Rの面積はPの2倍である。
spi非言語 推論平均 例題

(1)次のア、イの正誤を考え、AからIまでの中から正しいものを1つ選びなさい。

  • ア:Rの人口は、Qの人口より少ない。
  • イ:QとRを合わせた地域の人口密度は112人/㎢になる。
  • A:アもイも正しい
  • B:アは正しいが、イは分からない
  • C:アは正しいが、イは誤り
  • D:アは分からないが、イは正しい
  • E:アもイも分からない
  • F:アは分からないが、イは誤り
  • G:アは誤りだが、イは正しい
  • H:アは誤りだが、イは分からない
  • I:アもイも誤り

(2)次のカ、キの正誤を考え、AからIまでの中から正しいものを1つ選びない。

  • カ:PとQの人口の和は、Rの人口の1.5倍である。
  • キ:PとRを合わせた地域の人口密度は、Qの人口密度と等しい。
  • A:カもキも正しい
  • B:カは正しいが、キは分からない
  • C:カは正しいが、キは誤り
  • D:カは分からないが、キは正しい
  • E:カもキも分からない
  • F:カは分からないが、キは誤り
  • G:カは誤りだが、キは正しい
  • H:カは誤りだが、キは分からない
  • I:カもキも誤り

Sponsored Links


解答と解説

解答

(1)I
(2)G

解説

計算のしやすい具体値をおいてしまいましょう。
PとQの人口が等しいので、これを160と120の最小公倍数の480とおいてみると、下の表のようになります。
spi非言語 推論平均 例題
これを見ながら順に検証していきます。

解説(1)

ア:Rの人口は、Qの人口より少ない。
Rは600、Qは480なので、これは誤り。

イ:QとRを合わせた地域の人口密度は112人/㎢になる。
(480+600)÷(4+6)=108(人/㎢)となり、これは誤り。

よって答えはIです。

解説(2)

順に検証していきます。
カ:PとQの人口の和は、Rの人口の1.5倍である。
PとQの人口の和は、480+480=960
これはRの人口の960÷600=1.6(倍)であり、これは誤りです。

キ:PとRを合わせた地域の人口密度は、Qの人口密度と等しい。
PとRを合わせた地域の人口密度は(480+600)÷(3+6)=120(人/㎢)とであり、Qの人口密度と等しくなります。これは正しいです。

よって答えはGです。

→ 問題一覧はこちら → 練習問題はこちら

SPI非言語・分野別 問題と分かりやすい解答一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

大手サイトだけじゃない!!就活セカンドオピニオン

新卒・スカウト型就活サービス

ベストマッチな企業との出会い
就活スカウトサイト【キミスカ】


各業界の専任コンサルタントがベストマッチな企業を紹介する新卒の就職活動サイト。
会員登録(無料)、プロフィールや選考の状況を開示することで、
企業から特別選考のスカウトをもらうことができます。

第二新卒・既卒向けサポート

迷うなら行動を!
【UZUZ CAREER CENTER】


20代のための次世代型就活サポート!
無料就活スペースで話す、気づく、変わる就職活動を。
既卒の就職サポートサービスを完全無料で提供。
ブラック企業を独自の厳しい基準で除外、厳選された求人のみ紹介。価値感の合う企業に出会えます。

スポンサーリンク

基礎を学習するなら

おすすめ記事

SPI非言語・分野別 問題と分かりやすい解答一覧

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © SPI非言語対策教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.