就職活動に役立つSPI非言語分野テスト対策サイト

推論 包含 ②練習問題

スポンサーリンク

問題1

1から100までの整数が1つずつ書かれた100枚のカードの中から1枚を選んだ。この1枚のカードについて、次の発言があった。

  1. カードは、77ではなかった
  2. カードは、偶数ではなかった
  3. カードは、29であった

1.~3.までの発言は信頼できるとは限らない。そこで、いろいろな場合を想定して推論がなされた。

(1)次のア、イ、ウの推論のうち、正しいのはどれか。

  • ア:1 が正しければ、2 も必ず正しい
  • イ:2 が正しければ、3 も必ず正しい
  • ウ:3 が正しければ、1 も必ず正しい

A:アだけ B:イだけ C:ウだけ D:アとイの両方 E:アとウの両方
F:イとウの両方 G:アとイとウのすべて H:正しい推論はない

(2)次のカ、キ、クの推論のうち、正しいのはどれか。

  • カ:1 が正しければ、3 も必ず正しい
  • キ:2 が正しければ、1 も必ず正しい
  • ク:3 が正しければ、2 も必ず正しい

A:カだけ B:キだけ C:クだけ D:カとキの両方 E:カとクの両方
F:キとクの両方 G:カとキとクのすべて H:正しい推論はない

解答と解説

解答

(1) C
(2) C

解説

(1)解説

順に検証していきます。

ア:1 が正しければ、2 も必ず正しい
77でないという情報だけでは、選んだカードの数が奇数か偶数かは決定できない。
この推論は誤りである。

イ:2 が正しければ、3 も必ず正しい
奇数だという情報だけで、選んだカードの数が29かは決定できない。
この推論は誤りである。

ウ:3 が正しければ、1 も必ず正しい
29であれば、当然77ではない。
これは必ず正しい。

答えはCです。

(2)解説

順に検証していきます。

カ:1 が正しければ、3 も必ず正しい
77でないという情報だけでは、選んだカードの数が29とは決定できない。
この推論は誤りです。

キ:2 が正しければ、1 も必ず正しい
奇数だという情報だけで、選んだカードの数が77でないとは決定できない。77である可能性もあるため、必ず正しいとはいえない。

ク:3 が正しければ、2 も必ず正しい
29であれば奇数です。
もちろんこれは必ず正しい。

答えはCです。


Sponsored Links

問題2

財布の中に小銭が何枚か入っている。これらついて、次のような発言があった。

  1. 少なくとも3種類の小銭が入っている。
  2. 1円玉と10円玉と100玉の枚数はいずれも2枚だ。
  3. 全部で11枚の小銭がある。

1. ~3. までの発言は信頼できるとは限らない。そこで、いろいろな場合を想定して推論がなされた。

(1)次のア、イ、ウの推論のうち、正しいのはどれか。

  • ア:1 が正しければ、2 も必ず正しい
  • イ:2 が正しければ、3 も必ず正しい
  • ウ:3 が正しければ、1 も必ず正しい

A:アだけ B:イだけ C:ウだけ D:アとイの両方 E:アとウの両方
F:イとウの両方 G:アとイとウのすべて H:正しい推論はない

(2)次のカ、キ、クの推論のうち、正しいのはどれか。

  • カ:1 が正しければ、3 も必ず正しい
  • キ:2 が正しければ、1 も必ず正しい
  • ク:3 が正しければ、2 も必ず正しい

A:カだけ B:キだけ C:クだけ D:カとキの両方 E:カとクの両方
F:キとクの両方 G:カとキとクのすべて H:正しい推論はない


解答と解説

解答と解説

(1) H
(2) B

(1)解説

順に検証していきます。
ア:1 が正しければ、2 も必ず正しい
少なくとも3種類の小銭が入っているという情報だけでは、小銭の種類やその枚数については不確定です。1円玉と10円玉と100玉の枚数はいずれも2枚であるとは決定できません。
これは必ず正しいとは言えません。

イ:2 が正しければ、3 も必ず正しい
1円玉と10円玉と100玉の枚数はいずれも2枚という情報だけでは、他の小銭の枚数については不確定です。
これは必ず正しいとは言えません。

ウ:3 が正しければ、1 も必ず正しい
全部で11枚の小銭があるという情報だけでは、小銭の種類については何もわからない。これは必ず正しいとは言えない。

答えはHです。

(2)解説

順に検証していきます。

カ:1 が正しければ、3 も必ず正しい
少なくとも3種類の小銭が入っているという情報だけでは、小銭の枚数については何もわかりません。
これは必ず正しいとは言えません。

キ:2 が正しければ、1 も必ず正しい
1円玉と10円玉と100玉の枚数はいずれも2枚ならば、少なくとも3種類の小銭が入っていると言えるでしょうか。
1円玉と10円玉と100玉が財布の中にあることが確定しているのだから、もちろんこれは正しいです。

ク:3 が正しければ、2 も必ず正しい
全部で11枚の小銭があるという情報だけでは、小銭の種類やその枚数については不確定です。
これは必ず正しいとは言えません。

答えはBです。

→ 問題一覧はこちら → 例題はこちら

SPI非言語・分野別 問題と分かりやすい解答一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

探したい分野を簡単検索

大手サイトだけじゃない!!就活セカンドオピニオン

新卒・スカウト型就活サービス

ベストマッチな企業との出会い
就活スカウトサイト【キミスカ】


各業界の専任コンサルタントがベストマッチな企業を紹介する新卒の就職活動サイト。
会員登録(無料)、プロフィールや選考の状況を開示することで、
企業から特別選考のスカウトをもらうことができます。

第二新卒・既卒向けサポート

迷うなら行動を!
【UZUZ CAREER CENTER】


20代のための次世代型就活サポート!
無料就活スペースで話す、気づく、変わる就職活動を。
既卒の就職サポートサービスを完全無料で提供。
ブラック企業を独自の厳しい基準で除外、厳選された求人のみ紹介。価値感の合う企業に出会えます。

スポンサーリンク

おすすめ記事

SPI非言語・分野別 問題と分かりやすい解答一覧

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © SPI非言語対策教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.